Home   Vacancies   How We Work   Articles   About Us 日本語 | English

You are here » Articles » 第79回 「賃金相場の見通し」

Articles
第79回 「賃金相場の見通し」
Author : セルナジャヤ 森
Posted: 2012-02-15 00:00:00 | Category: 時事速報インドネシア
Share this post :

第79回 「賃金相場の見通し」

第79回 「賃金相場の見通し」 
 2011年は日系を含む外資企業の会社設立ラッシュがスタートし、今年も設立ラッシュの“熱”はやむところを知りません。最低賃金の問題が騒がれる中、2012年度の大卒者以上の賃金はどう変化するのでしょうか。まず、12年度の賃金相場を予測してみましょう。

 役職名           経験年数      基本賃金(所得税差し引いたネット額)
 スタッフ          新卒~経験3年程度 230万ルピア~330万ルピア
 シニア・スタッフ/リーダー 経験3~5年程度  300万ルピア~450万ルピア
 スーパーバイザー      経験5~8年程度  400万ルピア~650万ルピア
 アシスタント・マネジャー  経験7~10年程度 600万ルピア~900万ルピア
 マネジャー         経験10年以上   900万ルピア~1500万ルピア
 シニア・マネジャー     経験15年以上   1500万ルピア以上
 ゼネラル・マネジャー    経験20年以上   2500万ルピア以上
 
 ※上記賃金相場は2011年度の弊社リクルートサービスの実績に基づき推測した額です。
 ※上記賃金額は日本語人材など特殊な能力を持つ人材を除きます。
 ※上記賃金額は所得税を差し引いた「基本賃金」であり、福利厚生は含まれません。

 
 ◇最低賃金上昇によるボトムアップ
 最低賃金の決定に大きな波紋が広がりましたが、その影響でこれまで抑えられていたとされる「大卒スタッフクラス」の賃金大幅アップが予想されます。ブカシ地域では未だに初任給を150万ルピアで設定する企業もありますが、各地域が定めた最低賃金額との差が縮まる、または逆転現象が起きるため、混乱を防ぐためにも、少なくとも大卒1年目の従業員に対し、最低賃金とは20万ルピア~30万ルピア以上の差をつける必要があると考えます。
 
 ◇引き合いの強いマネジャークラスの転職
 最低賃金のアップと関連性は薄いと考えますが、2011年度の新規設立企業によるマネジャークラスの採用ラッシュで、賃金相場は高騰していると言えます。これまで“高給ゆえに”転職が難しかったとされるそれら人材が、こぞって“予算を設けない”新規設立企業へ転職する現象が生まれました。設立を果たす企業としては何よりも経験豊富なマネジャークラスの獲得を急ぎますので、少なくとも現在の20%増しで採用がかなっているのが現状です。また、人材からしてみれば、設立におけるセットアップという貴重な経験を得られ、自身の希望する組織作りができ得るという利点が、転職に拍車をかけているといえます。
 
 ◇なぜ、マネジャークラスの獲得を急ぐのか
 現在の新規設立企業の典型的な特徴として、日本からの駐在予定者が平均1人~2人程度と少ないことから、是が非でも駐在員の右腕となる人材獲得が最優先されます。早期の基盤づくりを行うため、有能であると判断した場合、相場を超える賃金額で採用されることもありました。賃金額で測れない“経験と実績”が求められているのです。
 
 上記相場額はあくまで予測であり、各企業の状態や地域・業種により異なりますので、ひとつの参考としてお汲み取りいただければ幸いです。

 

Categories

 

© 2010 - 2017 Selnajaya Recruitment. All Rights Reserved