ホーム     求人情報     採用決定までのプロセス     関連記事     会社案内   日本語 | English

ホーム » 関連記事 » 第57回 「給与交渉」

Articles
第57回 「給与交渉」
Author : セルナジャヤ 森
Posted: 2010-04-09 00:00:00 | Category:
Share this post :

第57回 「給与交渉」

「インドネシア人を面接する際に給与で『グロス(Gross)』『ネット(Net)』という言葉を聞きますが、どういう意味ですか?」というご質問を日本人ご担当者から受けることがあります。次の解釈がよく使われています。

 ・グロス=所得税を組み込んだ給与
 ・ネット=所得税を差し引いた給与

 「所得税は個人負担」というのが日本では一般的ですが、インドネシアの現状は会社負担が多く、交渉時にお互い確認し合うことが求められます。

 ◇所得税確認せず面接 採用活動が水の泡に

 お互いの解釈がずれていたため起きたという、次のような話を聞いたことがあります。
  某日系企業では所得税は個人負担と規定しています。シニアマネジャークラスとの面接で、日本人ご担当者は給与額だけを伝えた一方、「所得税は会社負担が当 たり前」と応募者は認識しており、双方とも確認せずに話を進めました。3次面接を終えていざ採用となった段階で、所得税の問題に気付いた応募者が再交渉を 求めるという事態になりました。

 応募者が現職で受けているネット給与額は1500万ルピア(約15万円)。企業側が提示したグロス給与額は 1700万ルピアで、所得税を差し引くと、現在よりも下がることになります。ご担当者は慌てて給与額を調整しようと努めましたがかなわず、2カ月もかけた 採用活動は水の泡となり、振り出しに戻ったそうです。

 とある企業ではまた、「基本給は応募者が現職で受けている額を下回るが、月給の約3カ月分 をボーナスとして毎年支給しているため、年収で考えるとアップだ」と日本人
ご担当者は自信を持って交渉に臨んだところ、「景気や業績に左右されるボーナス は要らないので、確実に頂ける毎月の給与を上げてくれ」との思わぬ返答を受けたそうです。このケースでは基本給に上乗せできたため、幸いなことに採用とな りました。

 会社側がその後、ほかのインドネシア人社員に聞いてみたところ同じような反応が
あり、「インドネシア人は将来よりも現在のことを考えるんです」というコメントもあったとのこと。今後の交渉について考えさせられたそうです。

  日本の常識すべてが当地で通用するとは限らないとは、皆様も身をもって実感されていらっしゃると思います。とかく給与については、人はセンシティブになり がちです。
給与の交渉に当たっては、日本人ご担当者だけでなくローカルスタッフの人事を同席させるなどして、インドネシア人の意見を聞くことが円滑に進め るカギとなるのではないでしょうか。

時事速報インドネシア便掲載

 

カテゴリー

 

© 2010 - 2017 Selnajaya Recruitment. All Rights Reserved