ホーム     求人情報     採用決定までのプロセス     関連記事     会社案内   日本語 | English

ホーム » 関連記事 » 第30回 ジャパニーズ・スピーカー(3)

Articles
第30回 ジャパニーズ・スピーカー(3)
Author : セルナジャヤ 高橋
Posted: 2007-10-05 00:00:00 | Category:
Share this post :

第30回 ジャパニーズ・スピーカー(3)

今回は、ジャパニーズスピーカーの中でも日本語能力検定試験で最も難しく、ハードルの高い日本語能力試験1級取得者の特徴についてお話ししたいと思います。

 ◇留学多い1級取得者、日本のマナーも理解

  日本の国立大学に進学する留学生は、日本語能力試験1級取得が条件となっているように、1級取得者のほとんどが日本留学経験者です。まず日本語学校で日本語を学んだ後、日本の大学に進学、卒業というふうに日本滞在期間が5-6年間という者が多いです。専攻は、男子の場合は「電気・電子・機械関連」が多いよ うですが、女子の場合はあまり共通性がみられず、最近は男女ともに「情報技術(IT)」の専攻者も増えているようです。男女の割合では、1級取得者は圧倒的に男性が多いです。

 学生時代にファストフード、ファミリーレストランなどの飲食店、コンビニエンスストア、工場などでアルバイトを経 験している者も多く、日本留学経験者は単に日本語ができるだけでなく、日本の文化や生活習慣を理解しており、さらに日本で働いた経験がある者は日本のビジ ネスマナーも心得ているというメリットがあります。

 採用条件に「日本留学または就労経験者」としている企業もあります。また、日本の大 学を卒業している者の大半は、英語もある程度(コミュニケーション可能なレベル)できるので、企業としてはとても貴重な存在です。そのため、給料も高く なっており、たとえ“新卒”であっても1級取得者であれば400万ルピア~が相場となっています。ジャパニーズスピーカーはたくさんいますが、日本語能力 試験1級取得者となると全体の1割にも満たず、横のつながりも強く、お互いに情報交換を行っているようです。

 日本語能力試験1級取得者 をみていると、キャリア形成について大きく2つのパターンに分かれています。1つは「語学力を生かして“フリーランス”として通訳・翻訳者となる」者。こ のパターンを希望するものは、単発の仕事を好む傾向にあるようです。
もう1つは、「通訳・翻訳業務を主とするのではなく、企業に属し専門的なキャリアを
磨 き、日本人の右腕となって活躍できるポジションを目指す」者。これらを希望する者は、雇用形態も正社員を好みます。

 日系企業が海外でビ ジネスを展開するために“なくてはならない”存在のジャパニーズスピーカー。一言でジャパニーズスピーカーといっても各企業のニーズによって求められるレ ベルも人材も異なります。採用の際には、
(1)なぜジャパニーズスピーカーが必要なのか
(2)どのレベルを求めているのか
(3)担当業務内容
(4)給料予算はいくらかを検討し、明確にすることが“適材”採用へのキーポイントだと思います。

時事速報インドネシア便連載

 

カテゴリー

 

© 2010 - 2017 Selnajaya Recruitment. All Rights Reserved